艶々のチョコレートにうっとり、れんげ喫茶店のランゴ・オ・ショコラ

カフェとおやつ

期間限定スイーツが楽しい、盛岡の「れんげ喫茶店」。チョコレートのおいしい季節に、心躍るお菓子が登場しました。

その名も「ランゴ・オ・ショコラ」。フランス語で「金塊」を意味する名前のごとく、金塊を模したテリーヌ上のチョコレートケーキです。

ランゴ・オ・ショコラ

見て、この艶々のチョコテリーヌを!

艶を出すため軽く温めて出すそうで、運ばれてくるときから甘い香りが流れてきました。チョコレートは温めると香りが引き立ちますよね。食べる前から艶と香りにうっとり。

テリーヌ部分はどっしり重厚な生チョコの趣きですが、口に入れた途端、するりと溶けてチョコレートの香りが一気に広がります。なめらかに伸びゆくカカオにラムがほんのりと余韻を添え、しっとりとしたココア生地が軽やかなアクセントに。おいしい…。

褐色のお皿に華やぎを添えるのは自家製のフルーツソース。ラズベリーとオレンジの二種類から選べます。どちらもチョコレートと高相性の組合せ。ええ、どっちにしよう…悩みに悩んでオレンジを選択。

添えられたクリームと柑橘の爽やかさが、程よくビターテイストのチョコレートにとても合う。ストーブの炎が揺らめく中、一口、一口、食べ進めるほどに至福の時間が訪れる。

さて、実はこちら、ドリンクの種類も豊富でして、コーヒー、紅茶はもちろん、季節ごとに自家製のフルーツシロップを用いたドリンクも。以前より頼んでみたかった季節のエードを注文しました。

季節のエード(でこぽん)

透明とオレンジ。美しい二層スタイルで登場した季節のエード。グラスの底にあるでこぽんのシロップを、マドラーでぐるぐるとかき混ぜて頂きます。

でこぽんは酸味が穏やか。ほっとする甘みがじんわりと沁みます。季節のエードは、ホット、アイス、炭酸入りと選べるので、その日の気分で楽しめるのもいいですね。これからの季節はさっぱり炭酸が欲しくなりそう。

まとめ

チョコレートはいつ食べてもおいしいのですが、やっぱり冬は格別。寒い外からやってきて、部屋の温もりを感じながら頂くとろけるショコラに、ほう、と幸せなため息がでました。

さて、次は何にしよう。食べるはしからそんなことを考える、お気に入りのカフェってそういう場所なんでしょうね。